値段交渉から挨拶まわりまでを段取りよく行っておく

早めに準備することが大切

引越し 引越しをスムーズに進めるためにやることとして、まずは業者選びが重要になってきます。料金やサービス内容を考え、信頼でき安心して任せることができる業者を早い段階から探しておくべきということは、間違いありません。

詳しく見る

記事リスト

見積もりをきちんと行う

ダンボール 新しい住居へと移動するのに必要となるのが、引越し業者に依頼して荷物を運んでもらう作業です。あらかじめ業者に見積もりをしてもらい日にちを決めておくだけで、依頼者はほとんどやることがないという楽なプランも増えています。

詳しく見る

貴重品は自分で管理する

男女 引越し前にやることは、複数の専門業者を比較して、引越し業者を探しておく必要があります。持っていく荷物が多いと、費用がかさんでしまうので、不用品の処分をしておく必要があります。ガスや電気、水道などを使うために、住所変更の手続きをして下さい。

詳しく見る

作業前の見積もり比較

女性 引越しのときにやることはたくさんありますが、快適かつ心置きなく作業をするためには適正な料金で行えるように見積もりを複数の業者で取ることを徹底しましょう。内訳内容を確認して問題がなければ契約をして、安全な作業を進めていって下さい。

詳しく見る

自分で何をやるか

男性作業員 引越しで自分自身でやることは、そんなに大変な事ではありません。見積もりはインターネットから申し込むことができますし、搬入搬出は業者が行ってくれます。ただし、段取りが悪いと引越し自体が大変なことになります。

詳しく見る

業者の仕組みを上手く活用

ダンボール

やるだけで得をする

引っ越す者は、引越し業者を利用し、在住するところから荷物を搬出させて転居先へ荷物を搬入し、荷解き作業をすることになります。やることは多々ありますが、挨拶まわりもマナーの一つで、これに関しては、当事者のみならず、迷惑をかけない旨を伝えるため、作業をする業者も挨拶まわりを行ってくれます。また、引越しでやることリストを作成している、こうした業者もあるため、住所変更から電気やガス契約を解除するなど、転居前後でやることも明確化できます。結果的に、業者も作業の手間を省けることになる、こうした仕組みです。ホームページから自分でダウンロードしたり、チェックシートを送付したりしてもらうこともできます。ですが、利用者が最も重視すべきは、利用する業者を選ぶことです。専門業者も、当日に連絡して当日引越しを依頼されても対応不可となるところばかりで、費用を掛けて何でも屋に依頼することにもなり得るでしょう。ファミリーパックや荷物量が多い場合、見積もりに来てもらうことが必要にもなります。複数の業者に相見積もりを出しているならば、見積もり順番がポイントで、本命を最後に訪問してもらうように依頼しましょう。値引き交渉もしやすくなる、そうした仕組みが構築されています。数社の内、最安値を出した業者の金額を口にし、「そこより安くしてくれればこの場で契約します」という具合に交渉ができます。業者としても、訪問したからには契約を交わしたいため、色をつけてくれます。このように、引越しに関する様々な手続きや荷造りのみならず、利用者のやることには業者との値引き交渉があります。